「アルカトラズからの脱出」 1979

★★★★☆ 脱獄不可能とされるアルカトラズ刑務所に収容された男が脱出を図る。 こういう脱獄ものは緊張感があっていい。たった一つのミスですべてが水の泡。今までの地道な努力がすべて無駄になり、ますます困難な状況へと追いやられてしまう。 しかしいつも思うのだが、彼らはこの情熱を他のものに傾けられないものなんだろ…