「父と暮らせば」 2004

★★★☆☆ 原爆で一人生き残った娘の前に、死んだ父親が現れる。 戦後間もないから実際きっとそういう感じの人が多かったのかもしれないが、宮沢りえ、痩せすぎ。それが気になって集中できない感じ。 ほぼ二人だけのシーンで、場所も同じでまるで舞台のよう。というか舞台がオリジナルなのだが。実は父親が死んでいた、という…