「お日柄もよくご愁傷さま」 1996

★★★★★ 感想 結婚式はさわりで葬式の話。人間というのは、人が死んでも意外に平気で関係ない話とか、不謹慎なお金の話とかできてしまうものだ。だけど、ふとした時に故人との想い出を思い出したり、急にその死に実感が沸いて悲しくなる。その様子がリアルだった。橋爪功の泣く姿はきた。 結婚だの葬式だの出産だのいろいろ…