「君よ憤怒の河を渉れ」 1976

★★★★☆ なんかもう熊とか馬とかセスナとか精神病院とか無茶苦茶な展開で、逆に面白い。これぐらいやってくれたら、リアリティーがーとか言う気もなくなる。 シーンに合っていない能天気な音楽も、ある意味いい効果。濡れ場に切ない音楽がかかるのが昭和っぽい。 監督/脚本 bookcites.hatenadiary.com 原作 君よ憤怒の河を…