「さかしま」 1884

★★★☆☆ あらすじ 放蕩の限りを尽くした貴族の男が、そのような生き方に飽きてパリの郊外に引き籠り、好きな書物や絵画など自らの趣味に適ったものに囲まれ暮らし始める。 感想 世の中を少し見ただけで恐れたり傷ついたりして引き籠っている人間に対してなら、あなたが想像するよりも世界は広いのだから、もっと外に出た方が…