Herbie Hancock - Speak Like a Child(1968)+ちょこっとピチカート

クールの継承 まさにクールなジャズと言ってよいアルバム。 当時はマイルスの革新的な路線の影響下にあるんでしょうかね。 『処女航海』よりもさらにボサノヴァテイストが取り込まれています。(特に表題曲!) にも関わらず、すごく作家性が前に出ているのが、この人の特徴です。 ・コード的に瞬間瞬間の音響が複雑 ・対…