ダメ看護師の私が急性期病棟で出会った、奇跡の師長

私はダメ看である。 自他共に認める。 その名は、病院という建物をはるかに飛び越え、各地に病院が運営する訪問看護ステーションにまで轟いていたという。 臨床を離れて大学院に進学した今ですら、まったく病院とは関係のない初対面の人から「臨床苦手ってほんとですか?」と聞かれることがあるのだから、筋金入りである。…