かぜのこえ

 冬の風の強い日などに暖炉の前でうつらうつらとしていると、忘れたはずの古い記憶が夢うつつに顔を出すことがある。 「庭渡様、庭渡様」  その男は私に縋るような目を向ける。...