干天に還る

額の汗を拭って目を上げると、無数の蝉が喧しく腹を揺らしていた。 夏の盛りは彼らの盛り。薄く透明な翅の下、数多の喉が掻き鳴らす叫びは無秩序でありながら、不思議とひとつの調和を奏でてい...