衣着ぬ

 八雲紫は優秀な従者を求めて、各地の強者に声をかけて回っていた。ある日、九尾の狐の封印が解けたという噂を聞きつけた。傾国とも揶揄されるその大妖怪はどこぞの僧に退治された後、封印され...