痛みを理解し、光を信じること

傷に向き合わせることではなく、 まずは『今は向き合えない程の傷を抱えているんだね』と理解してあげること。 その理解の大切さを忘れないようにしなければなりません。 傷と向き合うことで人生のパターンを変えられるし、癒しは進みます。 でもね、 それを強要することはその人を「誰にも理解されない」という世界に閉じ…