あなたのすべてが愛に溢れ願い、祈ること

分かっているけど、かえられない自分気付いて欲しいけど、伝えられない気持ち僕たちは、生きて行くのにはあまりにも不器用で、恐がりで、光り輝く人々に憧れて、端からその様子を見ている。光り輝く人もまた、自分の闇を拭い去るために、強く光り続けようともがいているのかもしれません。悲しみをもう背負い続けるのが嫌…