桜の季節に想うこと 一【本音で生きる】

僕は二十歳の時に「桜、鳴り響く」という五行歌の歌集を出している。 それから10年近くの年月が過ぎたのだけれど。 今年も桜の季節になると当時の心境を強く思い出す。 二十歳の春、 東京の出版社に原稿を持ち込み、ホテルに缶詰になりながら必死に頑張った。 ちょうど、出版社からホテルの道のりに桜が咲いてて、それを眺…