ある日の真実が、永遠の真実ではない!

このタイトルの言葉はキューバ革命の立役者として知られる「チェ・ゲバラ」が口癖のように口にしていた言葉です。 ゲバラがどのような意味で用いたかは定かではありませんが、 この言葉は人の心に作用するとても大切な考え方の一つだなと思います。 私たちは幼少の時からの体験で、【自分という人間の枠組み】【自分を取り…