『恐れ』を相手を理解するために使う 〜『愛とは、恐れを手ばなすこと』から〜

繰り返し読む好きな本の一つに、 ジャンポルスキーの『愛とは、恐れを手ばなすこと』があります。 題名そのものが本の内容でもあるので細かい説明は不要だと思いますが、作中の言葉を借りるのであれば『ジタバタ抵抗しながら、無理やり引きずられていく以外にも、人生を送る方法』について書かれています。 許すことは、過…