ドイツのコロナ対策に見るメルケル首相の「理系リーダーシップ」のすごさ | 政界は文系男子ばかりで苦労したけれど…

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な流行で、各国の政治リーダーがその力量を問われるなか、大きく株をあげたのがアンゲラ・メルケル独首相だ。2015年の難民危機をきっかけに欧州でポピュリズムが台頭すると、世界的な課題を解決するためにグローバルな連携を呼びかけていたメルケルの存在感は揺らいだ。だが…