資生堂のデジタル化、「オペレーションと質」の向上を狙う: Datorama 導入で見えてきたもの | DIGIDAY[日本版]

資生堂グループは、2020年に向けてマーケティング投資の強化を計画しており、なかでもデジタル関連投資には、その全体額の2割以上を充てていくという。そこで同社は、ブランド間のサイロ化を超えてデータを活用するために、MI(マーケティングインテリジェンス)のDatorama(デートラマ)を導入した。その背景を探る。