読む!倶楽部2018年7月例会

陸がだんだんと海に呑みこまれていく黄昏の時代  「自然」に敗北した人類は、滅びまでやや間のある残りの日々をまるで長い休暇を過ごすかのように生きている 人間は生命の主役としてこの世界に驚嘆され誇られるはずのものではなかったのか 「わたし」という自意識(ロボット)はいつも「自然」から取り残され置いていか…