コンビニ人間 書評|村田 沙耶香 (文藝春秋)

『コンビニ人間』は秩序を巡る小説である。主人公の古倉恵子は、十八年間コンビニでアルバイトとして勤務している三十六歳の女性だ。彼女は幼い頃から、人間らしい感情を持てない異常者として扱われてきたが、それでもどうにか社会の成員として暮らしていくた