ワーママのみなさんイラっとしたらごめんなさい!かなりセキララ「ワーパパ」の本音 | Domani

仕事に育児に家事に…とかく追い詰められがちな「ワーママ」。わかって欲しくて、ときにイラっとした気持ちをぶつけることだってあるのは当たり前。でも、そんなとき、「ワーパパ」はこんなことを考えているんです。