「あなたの二番目の夢はなんですか」

photo by Jun Takeuchi 本当の意味で自分自身が見え始めたのは、やはり30歳を過ぎたあたりからだったと思います。 私の人生最大の夢はあっけなく壊れました。転勤族に生まれた私は故郷が欲しかったのです。 変わらない景色、成長を分かち合える仲間。 何より当たり前にそこにいられて、なんの疑問ももっていない、そういう…