博多っ子は柔らかいうどんに震える

大相撲の冬の風物詩、九州場所を力士は心待ちにしているらしいです。 冬の博多は美味しいものが多く、タニマチと一緒に日頃から贅沢なものを食べ慣れている相撲取りですら、楽しみなんだそうで。 寒風の時期、身が締まって甘味を増したアラ(クエ)鍋が最高だし、フク(ふぐ)も牡蠣もウニも、九州で揚がった地物が旬を迎えま…