ひといき 「学校に行くか、死ぬか」の二択では / 不登校新聞

学校に行くか死ぬか、この二者択一をしてはならない。『不登校新聞』を通じて、私が最も伝えたいことだ。  「学校に行くべき」という思い込みは、いまだ根強いが、たとえば「いじめ」があったらどうか。行けばいじめられるとわかっているつらさ、それを周囲が受けとめてくれない絶望。岩手で自...