救急搬送患者を極めて多く受け入れる病院、「新たな加算」で評価へ―中医協総会(1) | GemMed | データが拓く新時代医療

「救急搬送件数が年間2000件以上の病院(15%)で救急搬送患者全体の71%を受け入れ、同じく1000件以上の病院(29%)で救急搬送患者の85%を受け入れている」ことや、「救急搬送件数が年間2000件以上の2次救急病院では、勤務医が極めて長時間の労働を行っている」ことなどを踏まえ、2次救急患者等の受け入れ件数が極めて…