外国人労働者が絶望する「ニッポンのブラック工場」の実態(出井 康博)

日本の低賃金・重労働に絶望感を募らせる外国人が増えている。絶望はやがて、日本への反感につながる。自分たちを食いものにしてきた日本社会に対し、彼らの“復讐”が今まさに始まろうとしている。