日本人コンビニ店員が、このまま「絶滅危惧種」になる可能性(芹澤 健介)

彼らはなぜ来日し、何を夢見るのか? 知られざる隣人たちと日本の切ない現実と向き合った入魂のルポルタージュ『コンビニ外国人』の著者が、いつの間にか世界第5位の「外国人労働者流入大国」となったニッポンの現状を探る。