大規模調査でわかった、ネットに「極論」ばかり出回る本当の理由(山口 真一)

「SNS利用はユーザの意見の極端化に影響を与えない」という研究結果が話題だが、実際にはネットには極端な意見が氾濫しているように思われる。日米での実際のアンケート調査や韓国の例などを見ることで、「極端な意見の人ほどネットへの書き込みの量が多い」という事実がネット世論を決定していることを明らかにする。