TOKIO『花唄』

僕の正体。君の正体。こんばんは。 今回はTOKIO『花唄』を取り上げます。 嗚呼〜花が咲く 理由もないけど 肩落とす僕の上 凛と微笑む やたら咲き誇る エラクもないけど 泣きだしそうな僕のために 舞う花吹雪 冒頭のサビはこんな歌詞。キレイに咲き誇る花と対照的に、主人公の「僕」はどこか暗いムードです。肩を落としたり…