「状況による打撃アプローチの使い分け」の効果【前編】

状況に応じたバッティングの是非 「ここはランナーもいないので、一発狙っていいんじゃないですか」、「ここは最低でもランナーを進めたいですね」など、状況に応じて打撃アプローチを変えるという考え方は、プロ野球中継でもお馴染みです。ランナーがいる場合、そのランナーを返すことを優先した戦術をとるのは、自然な考…