帯封崩しも辞さないカメラマニアが浪費哲学を語り尽くす

脅威の物欲とともに生きるブロガー、アレモコレモ氏。最高の写真を追い求め、撮影機材のためなら、札束の帯封を崩すこともいとわない「買い物観」とは?