舞台炎の蜃気楼昭和編散華行ブルース 感想

2014年からはじまった、炎の蜃気楼昭和編舞台化が2018年(今年)を持って環結しました。最初は、怖いもの見たさで、次は舞台という原作の二次創作を楽しむ感じで、生き生きした彼らに会う為に、見つめねばならない気がして、見届けるために、とだんだん見る意味が変わっていった。正直、前作紅蓮坂ブルースで、あそこまで…