否定の慣用表現① (否定語を含まない)(No 012)⊿4

《not / no》を含まないが「~ない」と言う否定の意味になる英語表現は難しい。理由は直訳すると変な日本語になってしまうからだ。この対応は「not/noを含まない熟語の形」と「独特の訳」を暗記すると良い。