感染症と人類の闘い―国際協力の発展― /詫摩佳代(首都大学東京) | 医学史と社会の対話

感染症と人類社会―いくつかの文学を手掛かりに 2014年、世界を震撼させたエボラ出血熱は、2018年5月、再びアフリカのコンゴでその勢いを盛り返しつつある。感染症は歴史的に人類社会を震撼させ、時には破壊的な打撃を与えてきた。例えば14世紀半ばのヨーロッパでは、黒死病(ペスト)が大流行した。内陸アジアで発生したペ…