持論⇒議論⇒理論⇒自論のアプローチは斜め45度を狙おう。

これまで3回にわたり持論⇒議論⇒理論⇒自論のアプローチの重要性について触れてきました。自論の引き出しが多ければ多いほど目の前に広がる事象が「いつか見た景色」となり効果のある打ち手や決断ができるようになります。それが優秀なリーダーの条件になると私は考えています。 改めてこのアプローチをまとめると、①持論は…