「喫煙者は不道徳な人間」極論ヘイトはなぜ先鋭化するのか

熊代亨 昭和の終わりころまで、日本社会はタバコの煙に覆われていた。当時は、タバコの健康被害が知られ始めていて、「タバコはがんや脳卒中の元」「タバコをポイ捨てするのはマナー違反」といったスローガンを見かけるようになっていた。 先鋭化した喫煙ヘイト 「不健康は不道徳」規範意識 近現代的な「健康意識」