【コウ】スピリチュアルと知性主義_02

反動的になった私は、文字通り探求をやめました。いわゆる現実世界の要求を甘受して、これまでの自分の血と汗を、手の届くところに生えていた果物と交換してしまったのです。もちろん、この選択にも理由付けはありましたが、自分が諦めたのだということは心の底でわかっていました。しかし、これは完全な諦めではありませ…