官房長官、緊急事態再発出を否定 ワーケーションへ休暇分散化も検討 - ロイター

菅義偉官房長官は27日午前の会見で、新型コロナウイルス感染者数が過去最高となっている都道府県が相次いでいるものの、現時点で緊急事態宣言を再び発出し、社会経済活動を全面的に縮小させる必要はないとの考えを強調した。その上でリスクの高い場所を限定した感染防止対策強化や、ワーケーションなど観光政策を兼ねた…