米FDAがニコチン含有量削減を提案、電子たばこに追い風 | ロイター

米食品医薬品局(FDA)は28日、たばこのニコチン含有量を「中毒性のない」水準まで減らすよう義務付ける規制を提案した。通常のたばこに比べ、健康被害が小さい可能性のある電子たばこへの移行を促す大きな政策転換となる。ゴットリーブ長官は「ニコチン自体は、毎年数十万人の米国人の死因となるがんや肺病、心臓病…