ホーキング博士の予測 人類は2600年までに滅亡する

著名な理論物理学者スティーヴン・ホーキング博士は、2600年までに人類は滅亡すると警告している。ホーキング博士によると、地球の人口は増加し、エネルギー消費も増えるが、地球自体は「あかあかと燃える火の玉」に姿を変えるという。ニューヨーク・ポスト紙が報じた。