smoothstep | Maya 2016 | Autodesk Knowledge Network

最小値と最大値の区間で引数をリニア補間した結果を表す、0 ~ 1 の範囲に写像した比例値を返します。smoothstep 関数を使用すると、不透明度(Opacity)などのアトリビュートの値を 0 から 1 までノンリニアに大きくすることができます。 smoothstep 関数は linstep 関数と機能が似ていますが、最小値と最大値の間の中央付…