六十六部(ろくじゅうろくぶ)とは? 意味や使い方 - コトバンク

精選版 日本国語大辞典 - 六十六部の用語解説 - 〘名〙① 全国六六か所の霊場に一部ずつ納めて回るために書写した、六六部の法華経。また、それを納めて回る行脚僧。室町時代に始まり、江戸時代には、僧侶のほかに、鼠木綿の着物に同色の手甲・甲掛・股引・脚絆をつけ、仏像を入れた厨子を背...