蟇股(かえるまた)とは - コトバンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 蟇股の用語解説 - 和様建築で,梁や頭貫 (かしらぬき) 上にあって上の荷重を支える材。蛙股とも書く。梁上にあるものは厚い板状でこれを板蟇股という。平安時代からカエルが足を開いたような形のものができ,これを本蟇股という。初め内部には装飾がなかったが...