黒羽二重(くろはぶたえ)とは? 意味や使い方 - コトバンク

精選版 日本国語大辞典 - 黒羽二重の用語解説 - 〘名〙 (「くろはぶたい」とも) 黒色に染めた羽二重。江戸時代、礼服や晴着として用いられた。くろはぶ。くろは。※浮世草子・好色二代男(1684)五「下に白むく、上着は黒羽二重(クロハフタイ)の紋なしに」