世界樹ブックス - Lumiere Blanche

「太古フェミニズム」に興味を持っていた 2003〜2006 年に書いた作品です。母系/母権社会・自由契約婚・女神崇拝・聖娼制度 それらをベースにした架空の女系文明を独自の視点で想定し、そこに生きる人々の愛と変容と人間ドラマを壮大に美しく描い