余録:極微とは仏教用語で… - 毎日新聞

 極微(ごくみ)とは仏教用語で、それ以上分割できない物質の最小単位を指す。滋賀県の重症心身障害児施設「びわこ学園」で1960年代に製作された記録映画「夜明け前の子どもたち」は最初、「進歩における極微の世界」という題名だった▲終戦直後、仲間と施設を創設した糸賀一雄(いとがかずお)氏は障害者福祉の父と呼