今週の本棚:内田麻理香・評 『人形論』=金森修・著 - 毎日新聞

 (平凡社・3456円) <命>とは何か 問いかける  以前、プラハで人形劇を鑑賞した。チェコにとっての人形劇は大切な意味を持つ。長年、隣国からの支配を受け続けたチェコは、公用の場でチェコ語を使うことさえ禁じられていたが、人形劇の場だけはチェコ語の使用を許されていたのだ。評者が観(み)た演目は『ドン