ユカをよぶ海(漫画) - マンガペディア

ユカをよぶ海の解説。フランスへ行った絵描きの父親が帰って来る事を信じて、極貧やいじめに苦しみながら、海辺の町で一人ぼっちで生きる少女の橘ユカが、苦難に挑む姿を描いた少女漫画。「少女クラブ」1959年6月から1960年8月にかけて連載された。