つらい時に聞く曲

新卒で入った会社で働いていた頃、帰途につく私はコンビニに車を停めて毎日のように泣いていた。 毎日全力で働いて、働いて、悲しみも怒りも落ち込む気持ちもごちゃ混ぜになって、仕事終わりの私は「無」だった。 そんな私を溶かしてくれたのが、辻井伸行「亡き王女のためのパヴァーヌ」だ。 日が落ちて、コンビニの明かり…