フレイルを早期発見・介入する意義は?

2019年10月末、厚生労働省が、後期高齢者を対象とした健診の内容を20年度から見直すと報道された。フレイル状態にある高齢者を早期に把握するため、健診に用いる質問票が刷新されるそうである(質問票の詳細については、参考文献1を参照)。