COPDにβ遮断薬は有用なのか

2019年10月、TheNewEnglandJournalofMedicine(NEJM)誌の電子版に、「慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対するβ遮断薬の投与は、増悪による入院リスクを増加させる可能性がある」との結果を示した、なかなかインパクトのある論文が掲載された。今回はこの論文の概要とその結果を紹介しながら、どのような点